トップ

学校でのトラブルと対処法

学校でのいじめと進路

学校に行けない子の進路

高校がお子さんに合わず、学校へ行けなくなった場合、大学進学は諦めるしかないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。勉強は学校へ行けなくなっても出来ます。高校へ行けないけど、勉強は好きだというお子さんの場合は、家庭教師に勉強を教えてもらう、自分で勉強するなどして、高卒検定試験を受ける、という方法もあります。少し前に、関ジャニ∞の大倉さんと横山さんが受験しました。猛勉強の結果、お二人とも合格されました。私立高校が合わなかったお子さんの場合、単位制高校も困難なことが少なくありません。選択肢の一つとして、高卒検定試験の存在を知っておくことをお勧めします。

屋上

学校に行けない子へのケア

いじめや家庭でのトラブルなどにより学校に行けないという子にはスクールカウンセラーが相談にのってくれます。スクールカウンセラーは有資格者で専門知識をもとに子どもや保護者にアドバイスを行います。多くの公立学校に配置されており、利用者も増加傾向にあります。そのほか、フリースクールも協力してくれます。非正規の教育機関ですが、子どものケア、面倒見の良さには定評があり、利用する子どもも増加傾向にあります。そのほか、学習塾や家庭教師に依頼するというのも一つの手といえます。勉強するスタイルは人それぞれですので、その子にあったスタイルを模索することが肝要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校でのトラブルと対処法. All rights reserved.